LACCO33のトレード日誌

兼業トレーダーの私が専業になるまでの365日

【VRF】KSL上抜けENタイミング

KSLを上抜いた後のエントリータイミングに不安があるので、ケースを集める。

 

《ケース1》下図では底値圏で安値更新できずに上昇して来た。H4KSLのブレイクでエントリーするのは良くない。何故なら120EMAと20EMAがまだGCしていない。120EMAと120SMAがGCいていない。即ちまだ下降を示唆している。故にその押しが大きい(一つ目の矢印)。抜けの一波高値にKSL平行線を引き、そのブレイクで入るか、次の押しではいる(二つ目の矢印)。

f:id:LACCO33:20171010154841p:image

《ケース2》

下図ではHLでの押し目買いを狙った場面。一旦のブレイクは見送り。KSL平行線のブレイクでエントリー(一つ目の矢印)。次のポイントは20EMAと20SMAのGC後。H1チャートを見ると分かりやすい。さらにH1チャートで最後のエントリーポイントも示唆できる。綺麗に120SMAが利いているが故だ。

f:id:LACCO33:20171010155820p:image

f:id:LACCO33:20171010155915p:image